HOME > 大阪司法書士会について > 会長あいさつ

会長あいさつ


 大阪司法書士会のホームページにアクセスしていただいてありがとうございます。

 司法書士は、みなさまの最も身近な法律家として、お役に立ちたいと思っています。
 「相続がおこったけど、どうしたらいいのかわからない」「親が認知症になってしまった」「借金で困っている」「離婚をして、マンションを財産分与でもらいたい」「独立して会社を立ち上げたい」「亡くなった後、財産を譲りたい人がいる」「給料を払ってもらえない」等、日々の生活の中で困ったことがあったとき、わからないことがあったとき。
 そんなときには、司法書士を思い出してください。

 明治5年に司法職務定制が定められ、司法書士制度が誕生しました。
 司法書士は、実に、140年を超える永年にわたって、不動産登記や商業法人登記制度の専門家として、また、裁判事務に関する専門家として、みなさまの財産や権利を守ってきました。
 平成12年、高齢者や障がいのある方々が、人間らしく平穏な社会生活を送ることができる社会を目指して成年後見制度がつくられました。ここ数年の統計においても、親族を除く専門職後見人に司法書士が一番多く就任しています。
また、平成14年の司法書士法改正では、簡易裁判所における代理権が付与され、多重債務者の救済をはじめ消費者問題、敷金返還請求や労働紛争等、幅広く、様々な分野で活躍し、みなさまの生活上のトラブルの予防や解決に、重要な役割を果たしてきました。

 本会では、みなさまの司法アクセスの機会をより充実させるために、さまざまな相談会を開催・設置し、ご相談をお待ちしております。
 困ったときは、まず司法書士に相談しよう。
 そう思っていただけるよう、市民に最も身近な法律家として、みなさまによりそい、信頼と期待に応えるよう努力してまいります。

2017年(平成29年)5月20日
会長 長田 弘子